スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

税理士試験発表後、1週間を経て

今回は、

「2010年12月21日の僕は、こんなコト考えてましたよー」

と自分に書き残すために。


ではでは、箇条書きで!


●友だちって大切。

パッと出てこないのがもどかしいのですが、偉人の名言に

「順調にいっているときは、ひとが集まってくる。
 失敗すれば、いなくなる。
 苦しいとき側にいてくれるのが、本当の友達」

のような趣旨の言葉がありました。(おそらく)


実感。

いやまあ、こんなことは前からわかっていたことと言えば
わかっていたことなのですが……。


今回大事にしたいのは、
自分がもがいているときに、手をさしのべてくれた人を忘れない事。

と、同時に、苦しいときに限ってネガティブなことを言ってくるひとの見極め。


ネガティブな事ばかり言うひとは、
それはそれで味があっていいのですが。

落ち込んでいるときは、きついんす。

まあ、ポジティブ一辺倒なひとも、それはそれできついですが。



ただ
いざ恩返しをしようと思っても、
なかなか難しいのも事実。

自分の近況を発信しているひとって
僕のまわりでは少数派。

「何らかの貢献をしたい!」なんて思っても
相手が何を望んでいるのかを知らなければ、
見当違いのことをしてしまうことにもなりかねませんしね……。


このあたり、要対策ですが
「僕はここにいるよ―」ということを続けていくのが、
消極的ながらも妥当なのかな。

で、何かあったときに動く、と。


あと、貢献できるくらいには
力をつけることも、ある意味恩返しなのかなと思ったり。




●表面だけでなく裏面も。

結局のところ、世の中目立つものしか取り上げられません。

華やかなステージでのまぶしい笑顔は注目されても
そこに至るまでに要した、血を吐くほどの努力は見えません。


成功の尺度といっても

 ・年収いくら。

 ・どれくらいの家に住んでいるか。

 ・肩書き

などを使わずに一般化するのは困難です。


極端な話、明日食べるものにも困っているひとがいたとして

「住むところがあって、いま食べるものがあって
 足を伸ばしてねることができて、
 いつ戦場になるのかわからないといった恐怖もない。
 なんて幸せなんだろう」

と心の底から幸福に満たされているひとがいたとしても、
そのひとは成功者だと評するひとは稀でしょう。


目に見えやすいものを通して
ひとを評価するのは簡単です。

いや、それ以外にひとを評価する方法なんてないのかもしれません。


でも、それでも、上っ面だけを見て決めつけてしまうことは
格好悪いことだし、
器が小さいことを表明しているようなもの。


勘違いしちゃいけない。

目につきやすいものは、見えやすいから評価の尺度として使われるが、
それがすべてじゃない。

簡便法は便利だが、大きな落とし穴があることを忘れちゃいけない。



たとえばの話。

ある受験生がいました。

彼は、ブログでいつもゲームやマンガの感想を書いていました。

それ以外のことは何も書きません。

傍目からは、遊んでいるようにしか見えませんでした。

そんな日々が続き、受験の日が来ました。

しかし、彼は受験に失敗します。

落ち込んでいる彼にこんなことを言うひとがいました。

「そりゃそうだよ。あんだけ遊んでたんだから」


っていうのは、よくあることだと思うんです。

ありがちな対応ですよね。



たとえばの話(裏面バージョン)。

ある受験生がいました。

彼は一日12時間勉強することを自分に課し、
それを黙々とこなしていました。

そしてその勉強の合間に、食事や歯磨きやトイレやお風呂の時間を利用して
マンガを読んだり、ゲームをしたりしていました。

行儀は悪いです。

彼は自分が行儀の悪いことをしていると自覚しながらも、
マンガやゲームが、限界まで勉強する自分を支えてくれていることを
わかっていました。

そして、マンガやゲームの感想を5分にも満たない時間で
手早くまとめることも、大きな息抜きとなりました。

そして彼は、自分のできる精一杯の努力を何年も続けました。

しかし、結果は失敗。

すべてを懸けて、受験に挑んだ彼の心中は
想像に絶するものがあります。

そんな彼にこんなことを言うひとがいました。

「そりゃそうだよ。あんだけ遊んでたんだから」



ってなると、ずいぶんと印象が変わってきませんか。

ちなみに登場人物のイメージはワタクシ。


と言っても、受験生は架空の存在で
僕は、

「そりゃそうだよ。あんだけ遊んでたんだから」

のほうなんですけどね……。


表面だけしか見ずに、勝手に決めつけて見下して。

そんな自分に気がついたときは、ぞっとしました。


目に見えるものだけがすべてじゃない。

そう思っていたはずなのに……。



……なんだろう、結果的に自分の器の小ささを
露呈することになりましたが……。

自戒を込めて。



もちろん、わかりやすい尺度で評価されて当然ですし、評価して当然です。

「僕のすべてを見てくれ!」
なんて考えてしまうと、それはただの世間知らず。


……なのですが、大切なひとたちに対しては
安易な評価はしたくないですね。

裏面まで読み取ろうとする努力、想像力。

そうしたことは、少ない情報で一方的に決めつけるよりは
労力を必要とすることですが。


……その労力を惜しむようになったとしたら
もう大切なひとではなくなってしまったんでしょうね。





冒頭で、箇条書きで! なんて書いたのに
二つしか書けてない……。

さて僕も、架空の受験生に負けないくらい
がんばりますか!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment

No title

しつこいですが、ぼってぃーさんなら大丈夫だと信じてますよ!

大阪だとなかなか会えないですが、今度電話ででも話しましょう。

拓さん、コメントありがとうございます!

って、あれ? まだ弱ってるように見えましたか?
自分では本調子にもどったつもりなのですが……。

ただ、今しか感じることができない気持ちを
うれしいことでも残念なことでも書き残しておこうと思っているので
愚痴っぽくなってしまうかもしれません。
この機会にしっかりと感じておこうと思います。

心配して頂いてありがとうございます!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。