スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】原稿用紙10枚を書く力

【本書評】原稿用紙10枚を書く力  齋藤孝 大和書房
原稿用紙10枚を書く力原稿用紙10枚を書く力
(2004/09)
斎藤 孝

target="_blank">商品詳細を見る
原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
(2007/02/09)
齋藤 孝

商品詳細を見る



今でこそ、レポートなどで4000字書け、といわれてもそれほど苦にはなりませんが、
以前は本当に嫌でした。

そんなに書けるわけないでしょ、って思っていました。

ですが、この本を読めばある程度の分量はかけるようになると思います。

テクニックといえばテクニックなのですが、文章を書くのが得意な人が当たり前にやっているだろうことが載っています。

昔の僕はそれがわからなかったから、あんなに苦手意識があったんですね。
タイトルにもあるように、本書は「原稿用紙10枚」を書くための方法が書かれています。

4000字ですね。確かにそれほどの量になると気楽に書き進めて、
そのまま終わるということはなかなか難しいと思います。

少なくとも僕には難しいです。

そこで、本書には原稿用紙10枚を書くためのさまざまな方法が書かれていますが、

なかでも勉強になるのが、

「書く前に内容を考える」ということ。

まず、頭の中に書くべきことを構築してきちんと創作メモをつくり、それに基づいて書いていく。創作メモをつくらない作家もいるが、それは頭の中での構築がよほどしっかりしている場合であろう。書き慣れている人ほど、書き始める前に、きちんと作業しているものなのだ。



この引用は作家についての話なのですが、非常に納得しました。

確かに昔は書きながら考えるということが多かったです。

しかし、それだと一定の分量を書く場合だとどこかでつまずいてしまうんですよね。


そうならないために書き始める前に「レジュメ」を書くという方法を提唱しています。

レジュメは書く前段階として構成や中に入る項目などをまとめたものである。実際に書くときには、絶対にレジュメをつくらなくてはならない。



というわけで、4000字以上書こうとするときはレジュメを書いてみて下さい。

内容がグッと引き締まるようになりますよ。


ちなみに僕はこの短いブログを書くときにも、全体像を最初に考えてから書くようにしています。

まあ、終わってみると考えていたのとは全然違う、ということもよくありますが…。


書き終わってから気付いたのですが、この本について一度記事にしていました…(汗)
以前とは書く形式が違うので、気にせず載せますね。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

レジュメですかー!

なるほど、、私も文章を書くのが苦手です(>_<)

それで、レポートがでてもやる気がおこらなくて、前日に、行き当たりばったりでかく、、見たいな感じです(汗)

やっぱりある程度構想を練ることが大事なんですね。。。

大切やね

とりあえずレジュメができたら後はスキマ時間に書いていけるしね。

4000字ぐらいやったら、5つくらい見出しを決めたら書けるよ☆


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。