スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

文章スタイル、「何に重きを置くか」編


いつからでしょうか。

おっかなびっくり批判されないような文章を考えるようになったのは……。

本を読んでいても、矛盾や残念なところに目がいくようになってしまったのは……。


……いやもちろん、論理的に筋が通ってるのって大事ですよ?

論理が最優先される場面のほうが多いこともわかっていますよ?


でもやっぱりそれがすべてじゃあない。

最近つくづく思うんですけど
論理的じゃないものって批判しやすいんだと思います。

どちらが正しいか一目瞭然。
わかりやすいし、安全な批判です。

でも、そういったものは得てして無味乾燥。


じゃあ、なんでわざわざ自分の時間を割いてまで批判するのかというと
それは"相手のため"なんていうさわやかな感情ではなく。

単純に相手を貶めることで、相対的に自分を優位に立たせようとするためなのですが。

でもまあ、そうした面は多かれ少なかれ誰にでもあると思います。

批判するときは、どうあがいてもこれは自己満足、ということを忘れてはいけないですね。

本当に、心の底から相手のためを思っての批判、というのは
非常に難しいものだと思います。



問題は、いつ批判の対象になるかわからない状況で
何に重きを置くか。


批判、という文脈ではありませんが
このゲーテの言葉を読んでそんなことを思いました。

シェイクスピアがただひたすら考えていたのは、登場人物にこの場面にぴったりの、効果的な台詞を語らせることだけだった。それが他の場面と矛盾するかどうかは、あまり気にかけてもいなかったし、計算もしなかった。 エッカーマン 『ゲーテとの対話』




続けて。

シェイクスピアの悲劇『マクベス』をめぐって、マクベス夫人に子供がいたかどうかが論争の対象になっている。いくつかの矛盾する台詞があるからである。事実より、その場その場のセリフの迫力が大事だとゲーテは考える。



(出典:ゲーテ一日一言 木原武一)
ゲーテ一日一言ゲーテ一日一言
(2009/07)
木原 武一

商品詳細を見る


個人的には、子供がいたかどうかなんてどうでもいいと思ってしまうのですが……。

そもそもシェイクスピアが矛盾した台詞を書いたのなら
矛盾したまま味わえば良いだけなのに。。。


おそらく論争をしていたひとたちは、論理的な一貫性を重視したかったのでしょう。

でもゲーテはこう考えた。

シェイクスピアはそんなことを「あまり気にかけてもいなかったし、計算もしなかった」と。


まあ、矛盾していることを指摘したからといって
シェイクスピアを批判しているわけではいないのでしょうが。

そこは本質から、明らかに離れているよなーと。


で、思いました。

わざわざ批判される可能性のある文章を書くひと
(この場合は、矛盾した台詞を書いたシェイクスピア)は
何を思って書いたのだろう?

論理に一貫性がない文章は、何を伝えようとしているんだろう?


いやもちろん、書いてる当人の頭がごちゃごちゃしている場合もあると思いますが。

誰でも情報発信できるようになったいま
そうした例を見かけることは多いと思いますが!


それでも
「この文章を書いたひとは、何を伝えようとしているのか」
と考えるのは大事だな、と。

そこまで汲み取ろうと努力しないと
ただただ流されるだけになりそうです。


批判や愚痴やら不満やらって
文章になるとよくわからない力をもっちゃうんですよね。

気にしないようにしても影響を受けてしまうというか。

自分の言葉に自分が縛られるというか……。


なので
普段から、あら探しをするよりも
良い面に注目する。

何か情報発信するときは
プラスなことを。

そんなことを心がけると幸せな気分を味わえそうな気がします。


何でもかんでも誉めていては、薄っぺらい気もしますが。

そんなひとなかなか存在しませんからねー。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。