スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

批判をしないほうがいい理由は? 変化できないから

批判はしないほうがいい。

そう思っています。


特に匿名だったり、口先だったりの場合は特に。

何ら意味がない。

結果的に自分がイライラしただけ、ということにもなりかねませんし。

幸せそうに批判しているひとなんて見たことがありません。


もちろん身体を張った批判は世の中に必要だと思います。

ですが、世間のたいていの批判は生産的ではありませんよね……。



批判をしないほうがいい理由。

上手く言語化できませんでした。

・幸せになれないから。

・いつも批判をしていたら、
自分も批判されてしまうことが実体験としてわかってしまうから。
行動を起こすことができなくなる。

・たいして意味がないから。

・相手を貶めて、自分を相対的に持ち上げようとする行為だから。


などといろいろと思いつくのですが、何だかしっくりこない。

どれも正しいと思っていますが、何かを忘れているような……。


と思っていたときに出会った言葉。

また、批判というものは、自分が正しいということを前提としています。ということは、人の批判をしていると、自分は変われないということを意味します。しかし、変わるべきは自分です。必要なのは批判ではなく、反省なのです。


引用元:
『早起き』は生きる力!?脳がよろこぶ!元気になる!『早起き』は生きる力!?脳がよろこぶ!元気になる!
(2007/06/01)
陰山 英男、瀬川 昌也 他

商品詳細を見る




そうなんです。

批判をするということは、
暗に「自分が正しい」という前提を含んでいて
「自分の意見を変えるつもりはない」という意思表示でもあるんです。


……それじゃ成長できない。進展できない。

そもそも批判をする人とは会話が成り立たないことになってしまう。

相手を批判しようとするだけの対話なんて不毛でしかない……。



誰しも批判をすることが、知的な態度と勘違いする時期があると思いますが(僕だけ?)
いつまでもその段階にいてはいけないのですね。

実生活でもブログ上でも。
批判はなるべくしないでいこうと思います。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。