スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【日記】当たり前に使っているとよくわからない道具の大切さ

これがなけりゃ始まらない。

道具ってそういうものですよね。

勉強道具、仕事道具、情報収集道具(?)……。


今回僕が道具の大切さをしみじみと感じたのが計算道具。
つまりは電卓です。


簿記の試験を受けにいったのに、
あろうことか電卓を忘れてきたんですね……orz

自分はテンパっていると
とんでもないことをするというのがよくわかりましたよ。


でもまあ、かなり早く着いていたので
コンビニで電卓を買えました。


で、その電卓で問題を解いていたわけですが……。

ものすごい違和感。


よく打ち間違える。

スピードを上げられない。

いったん電卓の使い方を考えてしまう。

などなど。


ものすごい足を引っ張られるんです。

計算の途中で電卓に意識を向けるから
問題に集中し続けることができず。

問題が簡単なことはわかるのに、
どう解けばいいのかがなかなか見えてこないというもどかしさ。

ビックリするほど時間がかかりました。


普段いかに電卓に助けられているかということを実感。

愛用の電卓じゃなきゃ意味ないんだ。

で、家に帰って普段使っている電卓を使ってみると
ブラインドタッチをしていたことに気付きました。

電卓を見ているときは、液晶の部分しか見ていないんですね。

僕の電卓は、「SHARP製 学校用電卓 EL-G36 (12桁)」というもので、
TACで買ったものです。

http://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/6997/

こいつもね、じっくり見てみるとすごいんです。

数字とそれ以外のボタンでは、表面のつるつるさが違ったり
数字でも、0と00とコンマだけボタンが膨らんでいたり
数字のボタンにしても微妙に傾斜がついていたり。

結構なお値段しますが、
その分細かいところまでこだわりが見られる一品です。


いやー普段はこいつに力を押し上げてもらっていたんですね。

考えたこともなかった。


そうそう、新しい電卓に悪戦苦闘した試験からの帰り道、
こんなことを考えました。


必要な道具を手にするのに力を入れないというのは
ドラクエの世界でたとえると
「鋼の剣が買えるのに、お金がもったいないからといって
ひのきの棒で戦い続ける」
くらい滑稽なことかも知れないよなぁ、と。

ドラクエの世界では、
老後の心配をすることも万一の入院を考える必要もないから
誰もが積極的に自己投資するけど

それは現実の世界でも、非常に重要な考えじゃないのかと。

周りを見てみると、
「お金がないから」という理由で、"ひのきの棒"で戦い続けているひとが
結構いる。

でもなんとか工面して"鋼の剣"を手に入れてみると、新たな世界が見えてくるかもしれない。




電卓を忘れるなんていう、人生初のイージーミスをしたのが悔しすぎたので
なんとか教訓をひねり出してみました。

いやでもほんと、道具って大事ですよ。

僕は普段使っている電卓を"相棒"と呼びたくなりました。

これは"ひのきの棒"じゃない!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。