スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【宗教】親鸞聖人出家のきっかけ【研究は進んでいく】

今回は宗教ネタを。

出典は
親鸞とは何か (講談社MOOK)親鸞とは何か (講談社MOOK)
(2011/04/15)
講談社

商品詳細を見る


本書は取材協力、西本願寺仏教総合研究所

つまりは浄土真宗本願寺派。

宗教本を読むとき
とても大切になってくるのは、
やっぱり「誰が書いているか」ですよね。



ではでは本題に。

浄土真宗の宗祖、親鸞聖人。

その出家のきっかけは幼いころに両親を亡くしたからだと言われています。

……というか言われていました。


具体的には
4歳のころに父である日野有範(ありのり)と。

8歳のころに母である吉光女(きっこうにょ)と離別。

早すぎる両親との死別に無常を感じ、九歳の時に出家を決意。

――。


という感じです。

僕も、そうだと思ってきました。

でも最近の研究の結果、
 「どうもそうではないらしい」
ということがわかってきたんです。


そもそも、なぜ出家のきっかけという
大事なことがぐらぐらしているのか。

それは親鸞聖人がご自身のことについてほとんど書き残されていないから。

たくさんの著作を残されているにもかかわらず、です。


あまりにも生身の人間が見えてこないから
「親鸞は架空の存在だ」と言うひとまで現れるほど。
(現在でははっきりしていますよ)


なので上記の
親鸞聖人の出家のきっかけについての話も
ご自身で書き残されたものではなく。

親鸞聖人の曾孫、本願寺第三世の
覚如上人が書き残されたもの。

『親鸞聖人伝絵』に記されています。

豆知識としては二十五歳のときに書かれたもの。
しかも本願寺の法主という立場を意識して。



――そして最近の研究でわかったこと。

それは、親鸞聖人の父、日野有範は死んでおらず。

若くして出家し、山城三室戸寺に隠棲していた。

――ということ。


うん、出家のきっかけと思っていたことが
がらがらと壊れていく。

さらに付加知識としては
親鸞聖人のご兄弟も、全員出家しています。

……。



以上が
『親鸞と何か』を読んで驚いたこと。

歴史の研究は進んでいくんだなぁ。


仏道に入ったきっかけって
結構大事だと思うんだけど……。

いずれさらにわかってくるのかも。



でもこれ、浄土真宗内ではどのように受け止められるんだろう?

なんてことを思いました。


史実では、父は健在。

親鸞聖人の出家の原因も
はっきりとはしませんが(資料がないので)
家の事情とか、そうしないと殺されたかもしれなかったとか
いろいろな説があります。確定することはないでしょうけど。



そうした史実が明らかになってきたことを踏まえて

史実を採用するのか。

それとも『親鸞聖人伝絵』を採用するのか。

宗派によってわかれてくるかもしれませんね。



そしてどこの宗派にも属していない僕の意見。

ぶっちゃけどっちでもいいと思います。


史実なんて知らんぷりを決め込んでもいい。

史実を踏まえて変えるのもいい。

二つを伝えるのもいい。



最近意見が変わりつつあるのですが

宗教にとって
歴史や科学に沿っているかどうかは重要じゃないなと。


いや、法律や社会に沿っているかは重要ですよ?

でないと宗教団体ではなくただの犯罪集団に成り下がってしまいますから。


でもそれ以外は重要でない。


たとえばの話。

キリスト教では人類の誕生を
進化論ではなく創造論で説明します。

僕は問題ないと思います。

だって宗教の世界だから。

もちろん、生命科学などの道に進もうとするひとにとっては
大問題になるかもしれませんが、一般人にとってはどうでもいいはずです。

いままで生きてきて
「あー、進化論知っててよかったー」と思ったことありませんし。


まあ、宗教の話を科学のタームで説明しようとするのは
正直どうかと思いますし、進歩もない気がしますが……。

問題なしです。


むしろ
「科学的には間違っている創造論を信じているひとって……」
みたいな態度のほうが問題あり。

以前テレビでキリスト教関係の団体が創設した「創造博物館」を
紹介していました。

その時いた出演者が創造論をずいぶん馬鹿にしていた(ように見えた)のには
心底がっかりさせられました。

テレビという公の場で、よくそんな態度がとれるなぁ、と。


まあ、創造論を信じているひとが「進化論は間違っている」とかなんとか
言い出したら、それは情けないことですけどね。

あ、でももしかして、「創造論を信じないひとは神を侮辱している」みたいな
考えがあったらどうしよう……。




最後の部分は蛇足な気がぷんぷんしますが。

研究が進むと変わる。

科学でも技術でも、そして歴史でも。

追いかけるのが難しいですねー。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。