スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【日記】どちらから学ぶ? 成功例or失敗例 【どちらも一長一短】

とあることに挑戦した人たちのことを調べていて思ったことを。


いまはブログが普及した便利な世の中。

成功例、失敗例。どちらもたくさん調べることが出来ました。


それにしても……

どちらから、より多く学ぶことが出来るのでしょうね?


成功例を見ていると、「自分も後に続けるかも!?」と思えるし

失敗例を見ていると「自分は同じ轍を踏まないようにしよう」と思える。


成功例を具体的に見ていくと、
都合の悪いことや
たまたま運がよかっただけかもしれないことや
犠牲になったもの・ひとについて

意識的・無意識的に書くことを避けているはずだから
そっくりそのまま受け取ると痛い目を見そう。


反対に失敗例を具体的に見ていくと
心が萎縮してしまったり
モチベーションが落ちたり
希望が持てなくなったり

と、精神的にずいぶん落ち込みます。

それに、失敗例(だと思うもの)は途中で
更新が途絶えてしまうものが多く
なんだか見ていてかなりつらい。



成功例なんて、時代と共に移り変わっていくものだから
いちいち気にしても仕方がない気もします。

誰かが成功した後を追っても
第一人者には絶対になれませんし。
自尊心を満たしたい、自分の権威をあげたいという意図もあるでしょう。


失敗例は感情がたっぷり入っていて
冷静な分析はありません。

自分の人生ですから、客観的になれるわけがありません。
ただの自己満足として、感情を吐き散らかしているだけなのかもしれません。


うーん。

前提を壊すようですが
そもそも成功と失敗の線引きなんて、できませんよね。

失敗だと思われていたことが、一転成功になることもありますし
成功に縛られた結果、凋落してしまった例はいたるところにあります。


結論。

どちらも大事。

そしてどちらも参考にしかならない。

それ以上でもそれ以下でもない。

あくまで他人の話。

自分の人生とは、また別のお話。



さらに今回気付いたこと。

他人事としてみた場合、
なぜそんなに有頂天になるのか
なぜそんなに落ち込んでしまうのか

わからないときがあります。


でもこれ、自分の人生に起こると違うのでしょうね。

他人の目から見たら取るに足らないことだったとしても
いざ実際に遭遇したら、全然違うように見えるんだろうなぁ。

こうしたことって、対策がとれるんだろうか……?

場数を踏むしかないのかな。


確実だったことは

仁義に反することはしないこと。

当たり前だけど、すごく重要なファクター。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。