スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【影響】天才!成功する人々の法則【一万時間の法則は救い】

マルコム・グラッドウェル著、『天才!成功する人々の法則』。

天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る


ひさしぶりに読み返してみました。


すごく影響を受けていることを再確認。

なんといっても『一万時間の法則』に。


以前にもブログで書いていました。

過去記事:【小話】生まれつきの天才は存在するのか?

家庭教師として
勉強以外のこともさらっと伝えたい!
と試行錯誤していたときの、迷いのあと。
いま読み返してみると、びっくりするほど読みにくい。
でも、話すためのたたき台にはなっていたのかな-。



――今回読み返して
あらためて思ったことが"努力することの大切さ"。

そして、"厳しさ"。


エリクソンの調査については過去記事にまかせるとして
ポイントをいきなり書いてしまうと、

「調査から浮かびあがるのは、世界レベルの技術に達するにはどんな分野でも、一万時間の練習が必要だということだ」



これを僕のなかで解釈すると

「やれ才能だーとか運だーとかグダグダ言う前に一万時間を費やしたのか?

になるんですよね。

言い訳できなくなっちゃうんです。


いや、言い訳はできるのかもしれません。

でもそれは、一万時間を費やしてからにしろよ、と。

そう言われている気がしてしまうんです。


いかに努力を続けることが大事か。


一万時間、というはっきりとした数字が
いかに勇気づけてくれるか……!


「あいつは天才だから……」という言い訳(?)が
いかに意味のないことであるか。


もちろん、"天才"と呼ばれるひとはいます。

でも本書は、そうしたひとも一万時間をこなしていることを
教えてくれます。

たとえばビートルズ。

ビートルズは1964年に爆発的な成功を収めるまでに
約1200回ものライブをこなしていました。

たとえばモーツァルト。

神童と呼ばれたモーツァルトでさえ、
作曲を始めてから傑作を世に出すまでに20年以上かかりました。

……どちらも途方もない時間を注ぎ込んでいます。


"天才"や"才能"といった言葉は
どれほど"努力"してきたのか、という泥臭い部分に目を向けていないから
出てくるんだと思います。


もちろん、努力では塗り替えることのできないものがあるのかもしれません。

でもそれは、"一万時間"をこなせたひとしか言ってはいけないな、と。
言う資格がない。


ジム・ローンの言葉にこんなものがあります。

「どんな分野でも、大成功を収めている人をじっくりと眺めてみたら、きっと『あの人があんなにうまくいっているのも不思議ではないな。あの人のやっていることすべてを見てごらんよ』とつぶやくことになると思うよ」


引用元:
大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」
(2007/03/30)
ダン・ケネディ

商品詳細を見る



ほんとに、その通りだと思います。


結局のところ
才能、なんていうあやふやなものではなく
運、という不確定な要素でもなく

努力、という自分次第のものが重要になってくる

と思ったほうが、前向きで発展性があると思います。


才能や運なんていうのは、すべてが終わったあとに明らかになることであって

いまを生きる僕らにとってはあまり関係のないことです。


それよりも

きのうより今日、今日よりも明日 前進、向上!
 していこうとする
   キノキョウ
の精神が大事なのではないかと!

決意を新たにさせてくれる一冊です!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。