スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【お酒】徒然草 第百七十五段 【いつの時代も同じかぁ】

とある大学の入試問題の古典を解説することになり
この文章と出会うことにあいなりました。


率直に言って、すごく気持ちがわかる。
古典にこれだけ共感できることって、そうはないぞ。

……作者はお酒が飲めなかったに違いない。


というわけで、忘れないうちにメモメモ。


徒然草 第百七十五段
世には、心得ぬ事の多きなり。ともある毎には、まづ酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事、如何なる故とも心得ず。飲む人の、顔いと堪へ難げに眉を顰め、人目を測りて捨てんとし、逃げんとするを、捉へて引き止めて、すずろに飲ませつれば、うるはしき人も、忽ちに狂人となりてをこがましく、息災なる人も、目の前に大事の病者となりて、前後も知らず倒れ伏す。祝ふべき日などは、あさましかりぬべし。明くる日まで頭痛く、物食はず、によひ臥し、生を隔てたるやうにして、昨日の事覚えず、公私の大事を欠きて、煩ひとなる。人をしてかかる目を見する事、慈悲もなく、礼儀にも背けり。かく辛き目に逢ひたらん人、ねたく、口惜しと思はざらんや。人の国にかかる習ひあんなりと、これらになき人事にて伝へ聞きたらんは、あやしく不思議に覚えぬべし。



現代語訳はなし。

乱暴にまとめちゃうと

「お酒って面倒くさいなぁ」

という感じ。



でも。

入試問題はこのあたりで終わっていたのですが……。

まだ続きがあって、後半の部分では

かくうとましと思ふものなれど、おのづから、捨て難き折もあるべし。


といって、お酒のよいところ(?)を書いているあたり、
やっぱり古典は一筋縄ではいかない。


―― そもそも吉田兼好さん。

兼好法師とも呼ばれるくらいだから
出家しているはずなのに。。。

後の世は、人の智恵を失ひ、善根を焼くこと火の如くして、悪を増し、万の戒を破りて、地獄に堕つべし。「酒をとりて人に飲ませたる人、五百生が間、手なき者に生る」とこそ、仏は説き給ふなれ。


と徒然草の同じ段に書いているので

仏教、それも出家した僧侶にとって
「お酒」がどういう扱いになっているか知っているはずなのに……。


結構お酒を楽しんでるんですよねー。


このおおらかさ。そしてそれを文章として遺す度量。

ほんと、一筋縄ではいかない。


徒然草は、いつかは読んでみたいと思っていました。
これを機に楽しんでみようと思います。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。