スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本】モデル失格 押切もえ

【本】モデル失格 幸せになるためのアティチュード 押切 もえ 小学館101新書 
モデル失格 幸せになるためのアティチュード (小学館101新書 24)モデル失格 ?幸せになるためのアティチュード? (小学館101新書 24)
(2009/02/03)
押切 もえ

商品詳細を見る


「一冊の中に、一ヵ所でもこころに残る文章があれば
 その本を読んだ価値はあったのだ」

読書法の本を読んでいると、よく見かけます。


一ヵ所だけって、どうなんだよー?

と思ったりもしますが、
今回はまさにたった一節に心を揺さぶられた次第です。

それがこちら。

このころのスローガンは、ずばり「感性だけはどんなときも腐らない」。
「あなたが転んでしまったことに関心はない。そこからどう立ち上がるかに関心があるのだ」と言ったリンカーンの言葉に、私は感性磨きというかたちで応えようとしたのだと思います。



「あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこからどう立ち上がるかに関心があるのだ」


このリンカーンの言葉に。


いやほんと、成功か失敗かという尺度でしか
世の中を見られないとしたら、散々なことになっていると思うんです。

成功することよりも失敗することの方が圧倒的に多いわけですから。

転ぶこと自体にたいして意味はないんです。
……まあ、本人にとっては大ありですが。

少なくとも他人の失敗に関しては。


「あいつは失敗したから終わったな……」
という判断は、どうでもいいことなんです。

自分が誰かの失敗に対してそう思うのは論外ですし、
他人が自分の失敗に対してそう言ったとしても気にしない。

行動していたら、転ぶこともありますよ。


大切なのは、転んだ後にどう立ち上がるか。

どう立ち上がるか。


失敗は苦いものですし、
できれば関わりたくないですが。。。

それはあくまでスタート。


肝心なのは
なぜ失敗したかではなく
(もちろん反省し教訓を得ることは大事です)

どう立ち上がるか。


さすがはリンカーン。

実際転んだことの方が目立つんですよね。
「○○が百万円株で失う!」とかのほうがニュース性がありますし。

翻ってどう立ち上がるかは
地味でスポットライトが当たらないものです。


でもだからこそリンカーンは
「あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこからどう立ち上がるかに関心があるのだ」

と対比させることで、どちらがより本質的なものなのかを際立たせているんだな、と。


目立つ方についつい目がいってしまいがちですが
この姿勢、忘れちゃいけないものですね。

自分に対しても、ひとに対しても――。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。