スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本】わたしが芸術について語るなら

【本】わたしが芸術について語るなら 千住博 ポプラ社
わたしが芸術について語るならわたしが芸術について語るなら
(2011/02/15)
千住博

商品詳細を見る


Amazonの内容紹介より。

「芸術」と聞くと、何が頭に浮かびますか?
 絵画や音楽、映画、文字を通して他人への思いを伝えること――それが芸術の大きな役割。人と人が仲良くする知恵でもあるのです。
十代の子どもに向けて語りかけた内容を、おとな向けに再編集。
可能なかぎり易しい言葉で、最高の内容を伝える「芸術についての入門書」。



2011年もあと二日。

この時期はやっぱり来年をどういう年にしたいか考えてしまいます。


大きなテーマをいくつか設定しつつありますが
そのうちのひとつが”芸術”

しかし一口に芸術といっても
茫漠としていてつかめない。

……ので、本書で学びます!


本書の紹介はAmazonさんに任せるとして
 (本の書影をクリックするとAmazonにとびますので)
芸術とは何か、ということについて。


本書のなかでもたびたび
「芸術とは……」という言葉が見受けられます。

堅苦しくない平易な言葉で。

多くのひとに響くよう、切り口を変えて。


そのなかで僕がいちばん納得したというか
憑き物が墜ちたような気持ちになった言葉を引用します。

つまり、芸術というのは人間の人間に対する問いかけ、伝達不可能と思える内容のコミュニケーションなのです。


まずここでハッとします。

芸術とは、コミュニケーションだと。

偉大な芸術家から”わたし”に対する問いかけなんです。

「私はこう思うけれども、どう思う?」という、自分もわからないけれど相手もわからないかもしれない、おおよそすべての森羅万象に関する、何とも言いがたいような思いをなんとか伝えようとすること。



こう考えると、芸術がグッと身近に感じられませんか?

誰か、すぐれたセンスにあふれているひとが
ただ自分の思いをぶちまけるだけでは意味がなく。

その作品を味わう”わたし”がいて、初めて成り立つものなのか。

という新鮮な驚きがありました。


……考えてみると、レオナルド・ダ・ヴィンチ以上の
卓越した能力をもった人間がいたとしても

「この作品は誰かに見せるためのものではない!」

みたいなことを言って誰にも見せなければ
それは存在していないことと同義ですもんね。世間的には。


芸術とはコミュニケーション。

そこが本質であり、忘れてはいけないこと。

テクニックなどは評価の対象にはなるのでしょうが
いくらテクニックが優れていたとしても、消えていった作品は無数にあるのでしょう。

…これまではテクニックにしか目が向いていなかったかもしれない、と反省中です。

たしかに言葉では表現できない”なにか”が迫ってくる経験はありました。
しかし、うまく言語化できないので
テクニックを理解して強引に納得しようとしていました。

もやもやしたものを、自分の中にとどめておくのは
たとえ嬉しいことでも
そしてもちろん悪いことも
負担になります。


芸術作品から受け取るそのもやもやは
芸術家が伝えようとしたものであり
芸術家のイマジネーションそのものなのかもしれません。

もしくはその作品に触発されて
勝手に自分で妄想しているのかもしれません。

……。

それはわかりませんが

芸術とは

見た(聴いた)

あの色遣い(メロディ)が素敵だよね

終わり

ではなく

見た(聴いた)

受け取る

読み取ろうとする(聴き取ろうとする)

読み取ろうとする(聴き取ろうとする)

読み取ろうとする(聴き取ろうとする)

……

という感じなのかな、と。


芸術作品というと
それだけでありがたがってしまいそうですが

作品が存在する以上、作者は何かを伝えようとしているはずです。


それは何なのか。


何を訴えかけているのか。


作者はその作品に何を託したのか。



いままでは、ただありがたがっていただけなのかもしれません。自分は。

……触れることはあっても、見ていなかったのかなぁ。



芸術作品からそのメッセージを読み取ろうとする。
それはそのまま日常生活にも通じる姿勢だと思います。

相手の何気ない一言、ふとした拍子に見られる仕草……。

芸術作品と向き合うほどの緊張感と真剣さで
ひとと向き合うことができれば、
わかりあえる確率がグッと高まりそうです。

――なんとなく
「芸術なんて何の役にも立たない!」
という声が聞こえてきそうなので
念のために書いておきました。

個人的な感想ですが
芸術を愛するひとには
共通して懐の深さを感じます。

そうしたものはあくまで副産物であり
即物的な効果を期待するものではないと思いますが……。



と、いろいろと書いてきましたが
結局のところ、芸術に対する考え方は十人十色、
人間の数だけ存在する可能性は高いです。

ただ僕にとっては、著者の千住博さんの考え方は
学びに満ちていました。

視野を広げてくれる、オススメの一冊。

年末年始にどうぞ! と言いたかったのに
もうはじまっています(汗)。

来年は芸術に浸ってみませんか?


もしすでに読まれている方は
本書を読んで芸術熱が高まっているこの時機を逃さずに
この本を読んで下さい。

日経 おとなの OFF (オフ) 2012年 01月号 [雑誌]日経 おとなの OFF (オフ) 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/06)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る

 2012年 絶対に見逃せない 至高の画家100人の名画
2012年は美術展の10年に1度の当たり年。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ヨハネス・フェルメール…
世界でも真作が数えるほどしかない大物画家の作品が来日します。
これに国内美術館の収蔵品を加え、2012年に日本で鑑賞できる
約100人の画家とその名品をテーマ別に3つの章に分けてご紹介。
あなたの心を揺さぶる一枚に、必ずや出合えるはずです。

【特別付録】
2012年 必見の美術展ハンドブック


2012年がはじまろうとするまさにこの時、
手帳に行きたい美術展を書き込んでしまう。

素敵な新年の始め方です。


関連記事
Clip to Evernote

Comment

No title

こんばんは!
僕は来年度から税理士試験を受験しようと思ってます!今年度は卒業論文とゼミが忙しくて、本格的に勉強できるのは来年の4月からになってしまいそうなのですが…。
そこで、ぼってぃーさんの勉強方法などを教えていただければと思います。なにとぞ、宜しくお願いします!

大学四回生さん 
コメントありがとうございます!

大学を卒業した4月から勉強開始とは……。僕とまったく同じですね!
勉強法。ものすごく大きなテーマですよね。
僕のもうひとつのブログ
『会計初心者の税理士試験奮闘記』http://mezase2.blog57.fc2.com/
というところで、勉強法について触れています。

勉強法を尋ねられて、以前に会話形式で勉強法を紹介していたのを思い出しました。
ブログにはアップしていないのですが…、大学四回生さんの参考になるのならアップしようかと思いました。
勉強仲間は得難いので、また何かありましたら、お知らせくださいませー。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。