スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【名言】惚れなければ…… 【高杉晋作の言葉より】

「おれの言うのは国のことだ。国のことを案じてばかりいてまだまだ惚れていなかった。惚れてしもうたら楽しいものに違いないぞ」
 (中略)
「よし、熱いのを一本貰ってすーっと飲んで、すーっと帰ろう。そうだ、惚れなければ何もできん。惚れてしまえば思案のほか……世間の常識などにはない惚れた思案が出て来るはずじゃ」


「ここしばらくは惚れる修行じゃ。女に惚れ、酒に惚れ、人間に惚れ、国に惚れる……惚れると生命もいらなくなって、それで楽しいのだからなぁ」



(出典:高杉晋作(1) 山岡 荘八 講談社)
高杉晋作(1)(山岡荘八歴史文庫77)高杉晋作(1)(山岡荘八歴史文庫77)
(1986/08/28)
山岡 荘八

商品詳細を見る


高杉晋作の言葉として、出てきます。

今の僕には非常に重い、考えさせられる言葉でした。


惚れる】。

この言葉は、一般的には恋愛にしか用いません。
しかしここではその範囲を広げ、酒・人間・国にまで及ばせています。

カッコイイ。。。


惚れる】という、このひどく直感的な感情ほど強いものって
そうはありませんよね。

理屈やら体裁やら、そうした表面的なものを吹き飛ばす力を持っていると思いませんか。


『好き』や『愛している』という言葉とは
一線を画している感があります。

自分の人生を振り返ってみても
『好き』や『愛している』レベルのことは、たくさんあったように思いますが

惚れる】レベルのものとなると、そうはなかなか…。
人生で1つ、見つけることができれば御の字なのかもしれません。

惚れる】という言葉は
一目惚れ、という言葉に代表されるように
自分の力や意思ではどうする事もできないようにも思えます。


しかし、上記の言葉では、『惚れる修行』とあります。

惚れる】ためには、意識的に努力する必要がある。

もちろん、この場合の修行とは

「ほれたいほれたいほれたい……」
と念じ続けるというようなものではなく(当たり前)

「さまざまなことに関心を持ち、深いところまで理解しようとする」であったり
「当事者の気持ちで考えてみる、行動する」といったものだとは思います。

いや、そんな堅いことではなく
「ものごとを楽しみ尽くす」といったものかも知れません。

具体的に何を想像するかは、ひとそれぞれだと思います。


僕が今回本書を読み返して、ひどく突き刺さったのは

受け身ではない』ということ。

惚れる修行』という言葉に受動的な要素はすこしもありません。

すごく積極的。自分から働きかけています。


たまたま偶然、【惚れる】ものと出逢える確率って
どれほどのものですかね?

……自分自身から積極的に動いていないと
出逢えないと思うんです。

たまたま偶然出逢えたひとは
その偶然によって人生が大きく変わるのかもしれません。

ですが、たいはんのひとは
惚れる】のなんたるかを知らず
知らないままこの世を去っていくのだと思います。。。


僕がショックだったのは
「このまま毎日を過ごしていると
惚れる】ということを知らないまま
人生が終わってしまうかもしれない」
と感じてしまったから。

それはイヤだなぁ。


なので

「ここしばらくは惚れる修行じゃ」

の精神を忘れないでいこうと思います。

「惚れると生命もいらなくなって、それで楽しいのだからなぁ」

の境地にたどり着けるまで。


――ちなみに高杉晋作は27歳で亡くなっています。

信じられないなぁ。

成し遂げたことが大きすぎる。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。