スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本小説】不思議の国のアリス

【本小説】不思議の国のアリス ルイス・キャロル 新潮文庫
不思議の国のアリス (新潮文庫)不思議の国のアリス (新潮文庫)
(1994/03)
ルイス キャロル金子 国義

商品詳細を見る


読みました。

率直な感想としては、

「意味がわからない」

です。
最後まで意味がさっぱりわかりませんでした。

う~ん、実は深い意味が込められているのかな?

現時点の僕ではそこまで読み取ることはできませんでした。

理解しようとする本じゃないのかな。
理解しようとする時点で間違った読み方になってしまっているとか。

ただ、終わり方はすごかったです。

「そんなところでいきなり終わっちゃうんだ」って誰もが言ってしまうと思います。


最後に心に残った場面です。アリスとチェシャネコの会話です。

「あのう、わたくし、ここからどの道を行けばいいか、教えていただきたいんですけど」
「そりゃ、あんたがどこへ行きたいかによるわな」とネコのこたえだ。
「どこだっていいんですけど――」
「そんなら、どの道だってかまわんだろ」
「――どっかへ行きつけさえすればね」アリスがいいそえると、ネコはネコで、
「あ、そりゃ行きつけらあ。ちゃんと歩きつづけて行きさえすりゃあね」



すごく大事なことを教えていると思います。

この場面に巡り会えただけでも、この本を読んでよかったと思います。

これだから読書はやめられないんですよね!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。