スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本殿同入り】さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

【本殿同入り】さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 光文社新書
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
(2005/02/16)
山田 真哉

商品詳細を見る


激オススメです!!

会計を勉強しようと志している方は、まずはこの本から読むべきです!!

僕が、もし会計について全く知らない人に、「どんな本を読んだらいいですか?」と聞かれたら、

迷わずこの本をお薦めします。

それくらい入門書として最適です。
ただ、勘違いして欲しくないのは、具体的に「会計学」を勉強するための本ではない、ということです。

本の中にも

本書は、いわゆる「会計の入門書」ではありません。細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、


とあります。

それなのになぜ僕がこの本をここまでオススメするのか。

その理由は、この本を読むと会計が面白そうに思えるからです(笑)。



実際、会計は勉強しててもそれほど楽しくないです(汗)。

特に、税理士試験に向けての勉強は、たとえば簿記論なら、自習している時間は、ただ黙々と仕分けを切って、電卓をたたいて……。

というように、同じことの繰り返しがほとんどです。

正直楽しくないです。


僕は実務を経験したことがないので、簿記を勉強していても実際どのように勉強で得た知識を使うのかいまいちわかりません。

最近ようやく簿記のすごさがわかりつつありますが、
それでも純粋に楽しんで勉強しているかと言われれば
素直に「はい」とは言えないですね。


そんな身近とは言い難い会計をわかりやすく身近な疑問から知ることができる。

まさに入門書に最適。

少し会計の勉強に疲れている方にも最適。

これからの人生、少しでも会計に触れる機会があるなら、

読んでおいて損があるはずがない、そんな本です!


最後に引用を。
ついつい会計を学問として捉えてしまいがちですが(僕はそうです)、
会計には日常に活かせる知恵がたくさん詰まっていると教えてくれる言葉です。

会計的に考えるなら、使わないものはさっさと捨ててしまったほうがはるかに合理的で効率のよい「正しい方法」なのである。

どうしてそうなるか気になる方は、本書で確認して下さい。

なるほどなー、と思いますよ。

ですが、なかなか捨てられないのが現状です…。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。