スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本小説】坂の上の雲 司馬遼太郎

【本殿同入り】坂の上の雲 司馬遼太郎  文春文庫
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



司馬遼太郎さんの作品の中でも最高傑作の呼び声が高いこの本、是非ともおすすめします!

一巻は小説の時代背景や人物の説明で、それほど物語は進みませんが、読み応えは抜群です。

歴史小説のランキングで常に上位にいる理由がよくわかりました。

これを読むまでは、司馬遼太郎さんの作品の中では、燃えよ剣

燃えよ剣 (上巻) (新潮文庫)燃えよ剣 (上巻) (新潮文庫)
(1972/05)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


という本が長い間僕の中では一番でした。

ですが、坂の上の雲、これは同じくらいおもしろいですね。

いや、これから読み進めていけば、一番はこの本になりそうな気がします。


というわけで、ビジネス書ではありませんが本書は文句なく殿堂入りです。


以下、心に響いた文です。

 「合格する自信はあるのか」 と、好古が聞いた。
 好古の信条は、勝てる喧嘩をしろ、ということであった。とうてい勝ち目のない相手と喧嘩をするときもせめて五分のひきわけにもってゆく工夫をかさねてからはじめろというもので、
  「のっけから運をたのむというのは馬鹿のすることだぞ」
 ということであった。




内容については、また二巻を書くときにでも書きたいですね。

かなりおすすめです!!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

ハケーン

コメントってここに書くので合っとるんかな?

すげー読んでるな。いや、量を褒められたいのではないのやろうけど、まずそう思うわ。

また来ます。巡回ルートに入りますた(`・ω・´)

これからもコメントよろしく!

毎日書いていくんで、監視よろしく!

面白い本あったらよろしく!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。