スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】ほぼ日手帳公式ガイドブック

【本書評】ほぼ日手帳公式ガイドブック ほぼ日刊イトイ新聞編著 マガジンハウス
ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。
(2008/09/25)
ほぼ日刊イトイ新聞

商品詳細を見る


突然ですが、2009年の手帳はほぼ日手帳でいこうと思います!

「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトで購入したのですが、
注文してから家に届くまで3週間ほどかかったので、すごく待ち遠しかったです。
いままではシステム手帳を使っていたのですが、
特に予定を書く必要もなくなってしまいましたからね。

あと一年か二年は受験専念になると思うので。

それにシステム手帳は定期的に更新しないといけないので、
根っからのめんどくさがり屋の僕には向いていなかったのかもしれません。

そこでほぼ日手帳。
もし手帳を変えるならこれにしようと決めていました。

「使いやすそう」、というのが大きな理由ですが、
なにか他の手帳にはない「とんがったもの」を感じました。

ものすごい僕の主観ですが。


さてさて、それでは本の内容を。

題名からもわかるように
ほぼ日手帳の公式ガイドブックです(笑)

この本を読むとほぼ日手帳に書ける思いが伝わってきます。

「ここまでこだわるか!?」ということも多いです。
まさにプロの仕事。


手帳について書かれた本は少し前にたくさん出版されましたが、
いわゆる手帳本とは一線を画すものです。

「あぁ、手帳ってこんなに自由に書いていいんだ」
と、思ってしまいます。

ほぼ日手帳ユーザーの使い方がカラーで載せられているのですが、
カラーで正解です。カラーじゃないと伝わりませんよね。

手帳というより日記として使っている方も多い気がしますが、
あのサイズなら日記として使うのもOKですよね。
(ほぼ日手帳の大きさは文庫本サイズです)

様々な使い方が載っていますが、
個人的には一級建築士の勉強をされている方と
司法試験の勉強されている方の使い方がためになりました。

こういう使い方をして勉強に活かしているんだ、と。


あと、これは全般的に言えることなんですが、

楽しそう なんですね。

使っている方が。

おそらくほぼ日手帳を使いこなす秘訣は、ここにあるんじゃないかと。

使っていて楽しい手帳って、いままで聞いたことがありませんからね。


あぁ、なるほど。これから手帳のことを聞かれたら、こう答えよう。

使っていて楽しい手帳です


……使いこなせるように頑張ろう。


最後に本書の引用を。

糸井重里さんへのインタビューからです。

最終的には、何も書かれていないほぼ日手帳を見ただけで、「誰が作ったの?」って聞かれるような、職人仕事の教科書になるとうれしいなと考えています。



ここまでの信念を持って作られている手帳、使ってみたくなりませんでしたか?
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。