スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本殿堂入り】走ることについて語るときに僕の語ること

【本殿堂入り】走ることについて語るときに僕の語ること  村上春樹 文藝春秋
走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
(2007/10/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
1982年秋、専業作家としての生活を開始したとき、彼は心を決めて路上を走り始めた。それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、100キロ・マラソンや、トライアスロン・レースを休むことなく走り続けてきた。旅行バッグの中にはいつもランニング・シューズがあった。走ることは彼自身の生き方をどのように変え、彼の書く小説をどのように変えてきたのだろう?日々路上に流された汗は、何をもたらしてくれたのか?村上春樹が書き下ろす、走る小説家としての、そして小説を書くランナーとしての、必読のメモワール。

  <Amazonより引用>

先日、エルサレム賞を受賞された、村上春樹さんの本です。

日本人の作家で、これほどまでに海外で評価されている方は、
非常に少ないのではないでしょうか。


本書は、そんな村上春樹さんのファンであることを自認する方なら、
ゼヒとも読んでいただきたい1冊です。


村上春樹さんの姿勢や考え方、走ることについての思いなどが、
よくわかります。
なぜ、著者の小説に惹かれるのか、
少しわかった気がします。
それでは、早速引用していきますね。

Pain is inevitable. Suffering is optional.
(中略)
正確なニュアンスは日本語に訳しにくいのだが、あえてごく簡単に訳せば、「痛みは避けがたいが、苦しみはオプショナル(こちら次第)」ということになる。


この言葉は、ある有名マラソン選手がレース中に
自らを叱咤激励するために頭の中で唱えているマントラだそうです。

「痛み」と「苦しみ」…。

普段はほとんど同義なものとして扱っていますが、
実は決定的な違いがある、ということを教えてくれます。


マラソンは、どれほど熟達した人が行っても、
痛みを伴います。

どれだけの距離を走れるかという違いはありますが、
痛みを伴うという点では、素人と一緒ですね。

しかし、決定的な違いが。


おそらくは、マラソンを長く続けているという方は、
苦しみに対しての考え方が、違うのでしょう。

痛みと苦しみを分けることが出来れば、
マラソンを続けることが出来るのかも知れません。

……とマラソン素人の僕が言っても説得力はないですかね?


昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと、それがより重要なのだ。長距離走において勝つべき相手がいるとすれば、それは過去の自分自身なのだから


……その通りです!

このブログのタイトルからもわかるように、
僕の生きていくうえでの目標そのものですね。

昨日の自分を乗り越えていく…

勝つべき相手は、過去の自分自身…


もう、本当にその通りです。

このような考えが広がれば、
世の中はもっと生きやすい環境になるのではないかと思います。

競争するべき相手が自分自身なら、
誰かを妬んだり、嫉妬することはありえませんからね。


…まあ、そうは言ってもなかなか難しいのですが、
理想を忘れたくはありませんね。


腹が立ったらそのぶん自分に当たればいい。悔しい思いをしたらそのぶん自分を磨けばいい。そう考えて生きてきた。


これまた、カッコイイ生き方です。

この考えを徹底することができたなら、
おそろしく成長できそうです。

…本当に、村上春樹さんの考えにはシビれます。


怒りは他人にぶつけず、自分にぶつければいい。

悔しさは、前に進むための原動力にすればいい。


簡単なようでいて、なんと難しいことを書くのでしょうか…。


「基礎体力」の強化は、より大柄な創造に向かうためには欠くことのできないものごとのひとつだと考えているし、それはやるだけの価値のあることだ(少なくともやらないよりはやった方がずっといい)と信じている。そして、ずいぶん平凡な見解ではあるけれど、よく言われるように、やるだけの価値のあることには、熱心にやるだけの(ある場合にはやりすぎるだけの)価値がある


さすがは村上春樹さんとでも言えばいいのか、
言葉の使い方が抜群にうまいです。

同じようなことをだれかが書いたとしても、
ここまで心に響くことはないんだろうなぁ。

やるだけの価値のあることには、
熱心にやるだけの(ある場合にはやりすぎるだけの)価値がある



何によらずただ好きなことを、自分のやりたいようにやって生きてきた。たとえ人に止められても、悪し様に非難されても、自分のやり方を変更することはなかった。そんな人間が、いったい誰に向かって何を要求することができるだろう?


いい意味で分をわきまえているというか、
人生における指針のようなものが確立されていることが伝わってくる文章です。

村上春樹さんが語るからこそ、重みが出てくる言葉です。

あれほどの地位と名誉を獲得されていてなお、
姿勢をぶらすことはない…。


カッコイイ…!



以前紹介した岡本太郎さんもそうですが、

記事:【本お気に入り】強く生きる言葉

「カッチョイイ」大人は本当にすごいです…!



もうこれは、憧れるだけではいけませんね。

目指すべき目標です!

昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと、それがより重要なのだ。

関連記事
Clip to Evernote

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

村上春樹に関する記事

なにやら雲行きが怪しい。村上春樹ほどではないが・・・。今日の天気は下り坂ってこ...

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。