上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
【本宗教】般若心経の科学―「276文字」の中に、「21世紀の科学」を見た 天外 伺朗 祥伝社
般若心経の科学―「276文字」の中に、「21世紀の科学」を見た (ノン・ブック)般若心経の科学―「276文字」の中に、「21世紀の科学」を見た (ノン・ブック)
(1997/12)
天外 伺朗

商品詳細を見る


一昔前なら絶対に受け付けられなかっただろうなーという一冊。

でもいま読むと、興味深いなーと思える一冊。


著者は天外伺朗さん。

参考リンク:天外伺朗 プロフィール(http://www.officejk.jp/category/1327012.html)


仏教従事者が仏教のことを書いたのではなく、
科学者が般若心経、つまり仏教をどうとらえたか、という本。


……僕が宗教本を読むとき、まず大事にしているのが
「これは著者の考え方だ」と本を読んでいる最中も絶えず意識すること。


他の宗教でもそうだと思いますが
仏教では、同じ言葉でも説明の仕方、とらえ方は本当にひとそれぞれ。

こんな風に書くと台無しになってしまうかもしれませんが
宗教を学ぶ上で"正解"って特に意味がないと思うんです。

あ、自分の信仰として宗教と接する場合はまた別だと思いますよ。

でもそれ以外のときは、"正解"なんてない。


釈迦やキリスト、ムハンマドといった開祖が存命のころには"正解"があったのかも知れませんが……。



という前置きをしておきます。

本書を読んでいて「なるほどなー!」と思う場面、たくさんありました。

しばらくブログで書いてみようかな、と思うほどに。


でもそれは、本書に書かれている内容について
全面的に賛成、というわけではありません。

"なるほど"や"興味深い"という言葉はちょっと卑怯で
「その通り!」と思うものも含めば、
「その解釈は無理がある、おかしい!」というものも含んでいるんですよね。

すべてをひっくるめてなるほど、と。


本書を読むとき大切なのは、
「これは天外伺朗さんの解釈だ」と意識すること。

まあ本書の場合、ところどころに
「私はこう解釈しています」というような注意書きが入るので
安心(?)です。



これから【本宗教】カテゴリの記事を増やしていこうと思います。
そこで書く内容は、本を通して書くことになりますが
それはあくまで僕個人の意見であり、とらえ方であり、解釈であって
著者の意見ではないことをご了承いただければと。

……本ならいざ知らず、ブログを読んでいて
「これが"正解"なんだ」なんて思うことはないと思いますが。

念のため。


宗教関係の場合、何かあったとき責任がとれるのって
本人しかいませんからねー。

誰々が言っていたから、なんていう責任転嫁は
全く意味がない世界。

だからこそ、宗教に触れるときはそれ相応の覚悟を持って。

もっと早くわかっておけばなぁ。





本の内容に入らず、前置きだけで終わってしまうという……。

次回から「なるほど」と思った言葉を取り上げていきます!
Clip to Evernote
【本宗教】週刊 ダイヤモンド 2010年 11/13号 ダイヤモンド社
週刊 ダイヤモンド 2010年 11/13号 [雑誌]週刊 ダイヤモンド 2010年 11/13号 [雑誌]
(2010/11/08)
不明

商品詳細を見る


じっくり読みすぎて、
じっくり消化しようとして、

書くのが遅くなりました。

もう店頭では売っていないかもしれませんね……。


以前も"新宗教"特集をして、僕を驚かせてくれた週刊ダイヤモンド。

週刊ダイヤモンド9月12日号 新宗教 巨大ビジネスの全貌
http://dw.diamond.ne.jp/contents/2009/0912/index.html


今回も……やってくれました!!
Clip to Evernote
【本宗教】カテゴリ開設!

なので、今回は
どうやって宗教本を選ぶのか
について書いてみようと思います!

正解なんてありえない世界なので、
参考例くらいにして下さい!


さて、宗教本を読もうとしてまず困るのが
何を読めばいいのかわからない」ということです。

「これは伝統的な仏教の本だ」と思って購入したものの
実は新宗教のひとが、伝統仏教の名をかたって(?)
自分たちの教えを広めようとしている本かもしれません。

そうしたものは、断固として避けたい。

新宗教のものとして読むぶんには全然かまわないのですけどね。


一口に「宗教」といっても、その種類はさまざまで
日本で言えば、仏教、神道、キリスト教などが身近だと思います。

儒教を宗教に入れるなら、儒教も。


ある程度基礎知識のようなものがないと
選ぶことさえ出来ないものが、宗教本の難しいところですよね。
Clip to Evernote
大学時代、宗教にどっぷりはまっていたこともあり、
いまは意識してさまざまな宗教本を読んでいます。

「宗教」と聞くと
「怪しい」やら「怖い」やら「興味ない」やら「近よりたくない」やら……。

そういった意見を聞くことが多いです。

まあ、僕と同世代の人は、小学生の頃に地下鉄サリン事件がありましたし
それほどの大事件ではなくても
宗教と一般社会とのいざこざを見て育ってきたと思うので、
ポジティブなイメージなんて持ち得ないとは思うのですが。

事実、さまざまな新宗教について知っていくと
そうしたイメージを大切にしておいた方がいいとは思うのですが。

それとは別に、宗教について知っておいたほうがいいと思っている自分もいます。


「信じる」「信じない」はひとまず、別にして。

「肯定」「否定」も、置いておいて。

まずは知ったうえで、どちらかの態度を取る、または曖昧な態度のままでいる。

これが大事なのではないかと。


よくありがちなのですが、
「よくわからないままに否定する」というのは、とても危険。

いざというときが来たとき、
宗教における素養というか土台がなければ、調べようとはなかなか思えないものです。
(いざというときとは、大病に冒された、死に直面した、
 それまでの価値観が崩れた、身近な人が宗教にはまったなどなど)


どうするかはひとまず忘れて
まずは、どんなことを言っているのか
サラッとだけでも知っておきましょうよ、というのが僕のスタンスです。


なので、これからは
宗教関係の本もまぜていこうと思います。
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。